車の修復歴

車の修復歴とは、事故車と表現してしまうと語弊があります。よく、事故車は高く買い取ってもらえないという風に言われますが、正確には「事故車」が高く買い取ってもらえないのではなく、「修復歴車」が大幅に査定ダウンをしてしまうのです。

当然事故を起こしていたら、少なからずボディにヘコミやキズなどの外傷ができます。ですので、これらの外傷に関してはマイナス査定になってしまいますが、修復歴車程の査定ダウンにはなりません。では修復歴とは何でしょうか。

実は修復歴にはしっかりとした定義があり、自動車公正取引協議会という協会が定めた個所に対し、修理や部品の交換をした履歴があった場合に修復歴車として該当してしまい、査定が大きくダウンしてしまいます。実際にはどの部分なのかというと、「フロントインサイドパネル」「ダッシュパネル」「ルーフパネル」「フレーム」「ルームフロアパネル」「ピラー」「トランクフロアパネル」「フロントクロスメンバー」「ラジエターコアサポート」という9カ所になります。

これらの個所はちょっと位の接触では修復が必要になる事はないので、ボディに傷やヘコミができた位では全く関係の無い部分です。なので、事故を起こしてもこれらの部分を修復していない限り査定大幅ダウンにはなりませんので安心してください。

BMW 故障