人気のヴィッツ

ヴィッツは、乗りやすく価格帯もお手頃なコンパクトカーとして人気が高く、大衆車としての存在を不動のものとしています。
1999年に販売されて以降、2度のモデルチェンジを行ってサイズアップを図っていますが、車体としては小さめで、そのぶん小回りが利くので乗りやすいと評判です。
ヴィッツの最小回転半径は4.5mであり、軽自動車のようなコンパクト感があるとともに、乗用車の馬力や安全性能を合わせているバランスの良さが魅力的です。
街乗りはもちろんのこと、高速走行でも安定して走ることができますが、街乗りの燃費の良さは高速走行では悪化します。
シートはホールド感があり、長時間走行でもあまり疲れることがないと評判で、ハンドリングもしやすいので初心者向けとも言われています。
また、三角窓の視界の良さや、車体の割に大きめのトランクなども好評です。
全体的には可もなく不可もなくという扱いで、性別に関わらず利用することができます。
しかし、昔のトヨタに比べると品質が悪化しているという意見もあり、幻滅する方も多いようです。
新車価格は107~190万円とお手頃ですが、サイド・カーテンエアバッグなどがオプション扱いとなっています。
アウディ 故障