月別アーカイブ: 2015年11月

人気のヴィッツ

ヴィッツは、乗りやすく価格帯もお手頃なコンパクトカーとして人気が高く、大衆車としての存在を不動のものとしています。
1999年に販売されて以降、2度のモデルチェンジを行ってサイズアップを図っていますが、車体としては小さめで、そのぶん小回りが利くので乗りやすいと評判です。
ヴィッツの最小回転半径は4.5mであり、軽自動車のようなコンパクト感があるとともに、乗用車の馬力や安全性能を合わせているバランスの良さが魅力的です。
街乗りはもちろんのこと、高速走行でも安定して走ることができますが、街乗りの燃費の良さは高速走行では悪化します。
シートはホールド感があり、長時間走行でもあまり疲れることがないと評判で、ハンドリングもしやすいので初心者向けとも言われています。
また、三角窓の視界の良さや、車体の割に大きめのトランクなども好評です。
全体的には可もなく不可もなくという扱いで、性別に関わらず利用することができます。
しかし、昔のトヨタに比べると品質が悪化しているという意見もあり、幻滅する方も多いようです。
新車価格は107~190万円とお手頃ですが、サイド・カーテンエアバッグなどがオプション扱いとなっています。
アウディ 故障

車の修復歴

車の修復歴とは、事故車と表現してしまうと語弊があります。よく、事故車は高く買い取ってもらえないという風に言われますが、正確には「事故車」が高く買い取ってもらえないのではなく、「修復歴車」が大幅に査定ダウンをしてしまうのです。

当然事故を起こしていたら、少なからずボディにヘコミやキズなどの外傷ができます。ですので、これらの外傷に関してはマイナス査定になってしまいますが、修復歴車程の査定ダウンにはなりません。では修復歴とは何でしょうか。

実は修復歴にはしっかりとした定義があり、自動車公正取引協議会という協会が定めた個所に対し、修理や部品の交換をした履歴があった場合に修復歴車として該当してしまい、査定が大きくダウンしてしまいます。実際にはどの部分なのかというと、「フロントインサイドパネル」「ダッシュパネル」「ルーフパネル」「フレーム」「ルームフロアパネル」「ピラー」「トランクフロアパネル」「フロントクロスメンバー」「ラジエターコアサポート」という9カ所になります。

これらの個所はちょっと位の接触では修復が必要になる事はないので、ボディに傷やヘコミができた位では全く関係の無い部分です。なので、事故を起こしてもこれらの部分を修復していない限り査定大幅ダウンにはなりませんので安心してください。

BMW 故障

アメ車専門店

アメ車専門店のロデオドライブは京都にあるアメ車(アメリカの自動車メーカーの自動車)買取販売の専門業者です。輸入車専門店などは、殆どの場合、メルセデスやポルシェ、フェラーリなど欧州の輸入車がメインで売買されていて、アメ車は比較的買取の査定を依頼してもあまり良い査定が付かない場合もあります。

また実際に来店されるお客さんも、基本は欧州ブランドの輸入車を目当てにくる場合が殆どのようですので、アメ車を展示してもなかなか売れないというような事もよくあるようです。しかしアメ車専門店のロデオドライブではなんせアメ車専門店なので、来店者もアメ車を目的にきます。ですので、他の中古車買取業者や輸入車専門店よりも、アメ車を高く買ってもらう事もできます。

また、アメ車専門店のロデオドライブでは、アメ車のチューンやドレスアップなどのカスタムもやっていますので、売る事が目的じゃなくても、アメ車が好きなのであれば来店しただけでも楽しいお店です。またメンテナンスも気軽に相談する事ができますので、メンテナンス目的で来店する人も多いようです。

ベンツ 故障

軽自動車タント

タントは、2003年にダイハツ生産・販売されたトールワゴンタイプの軽自動車です。車名のタントは、イタリア語で「とても広い」という意味です。
車名通り、タントは発売当初、軽自動車のなかでは最長のホイールベースを持っており、軽自動車最大級の広い室内空間が特徴的です。
ミニバン並みの頭上スペースと、大型セダン以上の広大な足元空間により車内は実に広々としており、前方視界も大変良好です。
タントは、NAとターボの2つの新世代エンジンを採用しており、排ガス規制ではNAエンジン車は4つ星、ターボ車は3つ星を取得しています。
2005年には、スポーティなボディデザインと充実した装備が特徴的なタント・カスタムを追加しました。
2007年にはフルモデルチェンジが行われた際、タントはより女性的な印象を強めるとともに、助手席側にセンターピラーレスとスライドドアを組み合わせた「ミラクルオープンドア」を軽自動車で初めて採用しました。
また、よう高級感のあるインテリアが特徴的なグレード「X Limited スペシャル」も用意されており、軽自動車初のフローリングフロアを採用しています。
タントの生産は、ダイハツ滋賀工場の第2地区で行われています。
車 査定 オンライン

車下取りの相場

ディーラーの下取り価格の相場は、買取業者による中古車の買取相場に当たりますが、下取り相場の方が買取相場よりも低価格となる傾向があるといいます。その理由の一つはまず、ディーラー下取りに出した場合、ディーラーは中古車の下取り価格と新車の値引き額を差し引いた新車料金を提示してきます。

そのため内訳が分かりづらく、ディーラーの方もそれを逆手にとって下取り価格をかなり低めに設定している場合もあります。もともと、ディーラーの査定は買取業者の査定よりもあいまいですし、人気車の相場は他の買取業者同様に高めの金額がつきやすいですが、それ以外の中古車に関しては、全国の買取相場と比べると金額が低くなる傾向があります。

また、国内車のメーカーの場合は、輸入車などは不得意ですし、輸入車のメーカーも国内車の買取には消極的です。

しかし、ディーラーと同じメーカーの中古車の場合、販売ルートが確保されていることもあり、他の店舗よりも高めに買い取ってくれる可能性があります。このように、場合によっては下取り相場の方が買取業者よりも高めになる可能性もありますが、いずれの場合も他の業者と比較検討し、交渉することは大切です。

車 査定 概算